会社紹介

精密機械産業への限りない挑戦
HOME » 会社概要 » 会社沿革

会社沿革

精密機械産業への限りない挑戦
1941年(昭和16年)小松 謙一が個人企業として創業。主としてゼンマイ・板ばね・線ばねの製作を始める
1943年(昭和18年)軍用指定工場となる。その後、仙台市外に工場を移転
1951年(昭和26年)工場疎開より、復帰、線ばねを主として生産開始
1952年(昭和27年)生産・販売の増加により法人化して、商号 有限会社小松製作所として発足
カメラシャッタ用精密ばねの生産の比率が著しく増加
1958年(昭和33年)時計関係の精密ばねの生産に着手
1960年(昭和35年)自動車部品・電気機器等の業界の分野に進出し、関係メーカ各社に販売を開始
1962年(昭和37年)株式会社に改組と同時に商号を変更(資本金400万円)
新商号 小松ばね工業株式会社
販路拡大に伴い別に販売会社として「新小松ばね工業株式社を設立し営業部門を独立
1963年(昭和38年)生産設備増強と需要の増加により、東京第二工場を新設
1966年(昭和41年)経営合理化のため販売会社新小松ばね工業株式会社を吸収合併
1969年(昭和44年)輸出貢献企業として通産大臣より表彰される
1973年(昭和48年)本社ビル改築
1975年(昭和50年)東京中小企業投資育成株式会社と資本提携
1976年(昭和51年)宮城県柴田町に船岡工場新設
1979年(昭和54年)転換社債を株式に転換し資本金に繰入れ、払込資本金13,180万円となる。
1981年(昭和56年)東京第三工場を新設
1984年(昭和59年)小松 節子 代表取締役就任
1986年(昭和61年)船岡工場改築
1989年(平成元年)秋田県仙北郡(現:大仙市)太田町に秋田太田町工場新設
1992年(平成4年)秋田太田町第二工場を新設
1997年(平成9年インドネシアにPT.KOMATSU BANE INDONESIAを開設 海外生産開始
2002年(平成14年)ISO9001:2000認証取得 NoJQA−QM7736
2006年(平成18年)「第一回 元気なモノ作り中小企業300社」入選(経済産業省 中小企業庁 選定)
2007年(平成19年)
  • 1月
  • エコアクション21認証取得:No.1270(環境省策定)
  • 4月
  • 大森税務署より「優良申告法人」表敬を受ける
  • 6月
  • 資本金減資 1億円
  • 7月11日
  • 天皇陛下ご視察(本社工場)
  • 9月
  • 船岡工場老朽化により、大河原工場に移転、工場新設
2011年(平成23年)平成23年度大田区「優工場」認定「総合部門賞」
2013年(平成25年)5月 大森税務署より「優良申告法人」表敬を受ける
2014年(平成26年) 2月 子会社:PT.KOMATSUBANE INDONESIA 移転
3月 小松 万希子 代表取締役就任
2017年(平成29年)1月 小松節子(会長)「第34回優秀経営者顕彰 女性経営者賞 受賞」日刊工業新聞社主催
2017年(平成29年)4月 小松節子(会長)が中小企業振興功労として「旭日単光章」叙勲
7月 地域未来索引企業(経済産業省)に選定される
2018年(平成30年)4月 大森税務署より「優良申告法人」表敬を受ける
2023年(令和5年)5月 大森税務署より「優良申告法人」表敬を受ける